33120161a.jpg

島根県 松江城 城主 堀尾吉晴

ご存じでしょうが堀尾吉晴は 天下人 織田信長 豊臣秀吉 徳川家康と三代に渡り

仕えてきた 安土桃山から江戸前期の武将です ... 生まれは尾張丹羽 ...

近江長浜のうちから 100 石を与えられてから 数々の武功 特に稲葉山城攻めでは稲葉山城に通じる

裏道の案内役を務めたという... 徳川時代では 24 万石まで出世した

のち 家督を次男忠氏に譲り隠居 ... その際 家康より隠居料として越前府中に隠居料として 5万石の

知行を与えられた  1611 年 67才で死去 ... その後松江城は激動の時を迎えます ...


40520161a.jpg 


大手木戸門をぬけると四方を石垣に囲まれた桝形という所があります


赤い四角で囲んでいる所が桝形です


松江城を取り囲む堀の中 唯一ここだけ地続きになってます ...


40920162a.jpg 
 

 大手門跡  ...



40220161a.jpg 


40220162a.jpg 



40520163a.jpg 



40220164a.jpg

4020166a.jpg 


40202163a.jpg 


40202167a.jpg 


40520166a.jpg 


 
 
40920161a.jpg 
 

三の門 二の門 一の門を抜け本丸へと進みます

一の門....

40820167a.jpg 


40820166a.jpg 

一の門をくぐり本丸へ... 

正面から ...

大屋根の上に櫓を乗せた造りです そして天守入り口に附櫓があります



40820168a.jpg 


こうして横から見れば 松江城 附櫓がはっきり分かります



408201610a.jpg 



正面からみれば白の壁が目に入りますが


横からみれば黒の板張りが目立ちます ...


40820169a.jpg 


更に真裏から見れば多くの石垣の奥に天守がそびえています ...


この石垣の上にも櫓などがあったのでしょう ...


日本各地の城も然りですが 天守以外なかなか現存していません


松江城も明治政府陸軍省より売りに出されてしまいました


天守閣も当時 180 円で売りに出されました... 現在で 120 万円という ...


地元の有志により現在まで当時のままの姿を残すことが出来 ,ボランティアの方々によって


天守閣の掃除 等  ....お陰で現在 この素晴らしい姿を維持しています ...


48201612a.jpg 


では 天守閣内部へ ...


天守閣は五層 地下を含め六階 


真正面に石垣 ...


4082016m1.jpg 

 
天守内にも狭間があります

どこまでも防御 戦う為の城 あきらめない城 ...

 

4082016m2.jpg 


4082016m3.jpg 



天守内の井戸 ... 現存天守で天守内に井戸があるのはここ 松江城のみ ...


秀吉に仕え鳥取城の兵糧攻めの際 使者にたった堀尾吉春は城内の人々が飢えているのを

見て 井戸を掘ったと云う ...


ここには籠城の際 食料 塩を備蓄した...


4082016m5.jpg 





4082016m4.jpg 

各階へ上る階段 ...

素材は桐の木  いざの時 階段を引き上げ更に蓋をする .. (.桐の木は軽いため )




4082016m7.jpg 


天守を支える柱 


この柱は包み板といい細い柱を覆い隠しています


当時 、関ケ原以降 各地の大名により築城がありすぎて 長い木を確保出来なかった


一本の通し柱が使えず 各階 短い柱を使う事となりました


40920165a.jpg


この築城技術がのち 国宝に指定される要因になりました


そして 松江城がいつ 築城されたかでしたが ...近くのお寺にて松江城が完成した時の

祈祷札が発見されました 


これにて築城年が確実となり国宝に指定されました ...

4082016m6.jpg 


41020161a.jpg



4082016m10.jpg 


宍道湖を眼下に ...


4082016m11.jpg 


この石の刻印 ? 何故か気になります なんだろう ???




4082016m15.jpg 


石垣ファンとしてはこの石垣を見ると たまらんですね ~~

4082016m13.jpg 


裏からの天守閣もたまりませんね


4082016m14.jpg 


たくさんの写真を撮ったつもりだったのですが .... 肝心な写真がない


勉強不足です ...


最後に松江城にはこんな言い伝え コノシロ櫓の祟り




松江城 堀尾氏 が三代で断絶 

吉晴は築城後半年で死去 


次の京極氏は松江城に入ってから三年で病死 跡継ぎがなく改易 ...


吉春が築城時 石垣をを作る所にあったご神木を切ってしまった

切ったご神木はどうする事も出来ない 

それでは人柱を立てようと その夏の盆踊りに沢山の女を迎え  その中の踊りのうまかった

小鶴という女を選び 人柱にしました



次に松平直政が入城

初めて松江城天守に上がった時 女の幽霊が現れました

 そして忠政にこの城は私の城ですと ...

忠政はこの城をおまえにやると言いました 会議の結果 この城ではなく

コノシロをやるということにして その晩天守ににコノシロをお供えしました


翌朝 コノシロをお供えした三方は城内に放置されていました

その後 この幽霊は姿を現す事はありませんでした ...

それ以後 直政はコノシロ櫓で毎年 祈祷したと云われています

そして現在も 出雲地方では小鶴の祟りがあるという事で盆踊りは中止 ( ? )しているといわれます


松江城の雄姿も然り コノシロの怨霊も興味がありますね ....


是非 一見してみてはいかがですか ・・・


  33120161a.jpg

松江城主 堀尾吉晴



40520161a.jpg 


大手門 ...

長さ 14.5 m 鯱を付けた門であったとされてます  


40220161a.jpg 





40220162a.jpg 



40202163a.jpg

40220164a.jpg 


4020166a.jpg 




40220168a.jpg 

40520166a.jpg 








スポンサーサイト
2016.04.10 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://dinerskitchen.blog97.fc2.com/tb.php/959-8d18296f