今回のお城探は 大分県 杵築市山香町立石 ...




豊後 日出,初代藩主 木下延俊の四男 延由 ( 何故か 延次の名で届けられている )が領主の立石陣屋 ...


ここで 延由=豊臣国松 説です


延由は俊延 四男とされていますが 三男 俊延と同じ年 つまり日出藩 の後継者となり得る男子が二人いるという事です


大阪の陣のおり 豊臣秀頼の嫡男 国松は戦いのさなか 薩摩軍に連れられ 大阪を逃げ延びたのだと ...


薩摩に逃れた国松はその後 豊臣秀吉の正室 高台院の兄の 日出藩 木下氏を頼ったものと思われます


日出藩 初代藩主 延俊は遺言として家老 長沢市之亟に 延由  に日出 三万石のうち一万国を分知する事 を託した


結果 家老 長沢市之亟が残り二万国での藩運営は厳しいと独断で 五千国にしたとの事 ...


後年 日出藩と立石領は折り合いが悪くなりました ...


両家は明治の廃藩置県まで続きました ...


* 延由は 45 才の時 参勤交代の途中 急遽しました ...


今回 立石陣屋について 詳しく説明して頂いた 郵便局 元局長さんに感謝致します ありがとうございました ...


最後に300 年以上続く立石 五千国祭りが夏に開催されますが 高齢化が進み なかなか大変そう ? でした


次回 自慢の曳車を見せて頂けると ...


11820168a.jpg 


大手門があったとされる通り ...


11820163a.jpg 


裏門があったとされる通り ...


11820162a.jpg 

国道を渡り 山の手に陣屋があったとの事 ...

11820161a.jpg 


立石領 初代延由の位牌が安置されている 長流寺...


位牌を見せていただこうと声をかけさせて貰いましたが ご不在 ...


元局長さんの話では 位牌に書かれているとされる 国松の文字は無いとの事


但し 薩摩の十字の紋はありますとの事 ... でした


11820165a.jpg 


長流寺 ...


11820167a.jpg 

11820166a.jpg 

裏手に 歴代藩主の墓群がありましたが 留守だったので写真はこれしかありません ...


11820164a.jpg 


当時を想わせる 遺構は残っておらず 地元の元局長さんに話を聞けて良かった !!



各節 あろうと延由 、国松伝説を信じたいものです ...

三万石の大名が その内 一万国を分知するなど思えません ...

 
機会をつくり 山手に登ってみたいものです


ちなみに 長流寺で私を迎えてくれたのは 猫ちゃん 三匹 !!

人なっこい ・・  !!

11820169a.jpg 

スポンサーサイト
2016.01.18 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://dinerskitchen.blog97.fc2.com/tb.php/947-5c7fbba0