今日は振替店休日・・・
ぃゃぃゃ 朝から暑い!!
木陰に置いてるベンチにちょっと読みたい冊子と
コーヒーを持ち座り込む・・・木陰になってるぶん
風が少しだけ心地よい・・・
読みたかったのは先日 実家に帰った時見つけた冊子
長兄が三年半まえ 私たちが生まれ育った田舎・・・
ルーツを求めたもの・・等々 わかる範囲内でまとめたものでした
ぃゃ~妙におもしろい というよりドキドキ!!
暑さも忘れ読み入ってしまいました

冊子 
内容を少しだけ・・・
いつ時代から現在の呼び名 ( 地域名 ) になったとか・・・
そして一番の兄の旅はこの地域に権現様 伽藍さんがあり
それの成り立ち・・・
権現様とは仏 菩薩様が人々を救う為仮の姿で現れる事と・・・
そして輪番制で各家がお守りしている・・・
伽藍さんとはこの地域のもう一つの神様との事・・・
難解・・・
高松宮殿下が昭和16年に視察に訪れたと・・・
明治に入り政府が次々と打ち出してくる政策 
目まぐるしく変わる人々の暮らし
明治4年に斬髪令が出て・・・
この時代を象徴する言葉が
「散切り頭を叩いてみれば 文明開化の音がする」
何となく聞き覚えのあるフレーズです
そして興味ぶかいことが・・・明治3年 政府の布告で
皆 姓を付けると・・・
今 現在使っている私の苗字もこの時に
考えられ作られたのですね
当たり前がおもしろい・・・

最後に長兄が・・・古を尋ねて新しきを知る 旅を
試みたが簡単にはたどり着くことが出来ず
道半ばとの事・・・
そういえば 長兄が以前から古地図を調べてました

何かしら読み終わって不思議な気持ちになりました・・・
思いっきり私事ですみませんでした

71620132a.jpg


・     ・    ・
スポンサーサイト
2013.07.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://dinerskitchen.blog97.fc2.com/tb.php/704-48ddd6fc