先々週 長岩城に行って 後目指す城址の一つ 平田城 (正式には白米城 )に行って来ました
平田城は長岩城と共に黒田官兵衛に反旗を翻し城番 平田掃部介も共に落城した
のち 黒田官兵衛の家臣 栗山利安 ( 善助 ) の居城となり黒田官兵衛 長政の福岡移封ののち廃城となった

平田城址1

前回の長岩城に比べたら 散歩コースの感覚で天守まで行けました
天守後に着いたら 近くの方でしょう 年配の奥様が話こんでおり やはりお散歩コースなんだなー・・・

平田城址5

平田城址2

下調べが足りなかった・・・私が確認できたのはこの石垣だけ・・・
(当時 栗山利安時代 ) 全容がわからないまま 帰途に・・・

平田城址4

次の目的地はやはり黒田二十四騎の後藤又兵衛 基次 の墓 ・・・
平田城から車で 15 分くらいかな ・・・ 近くは奇怪な岩山が多く なんとも素晴らしい場所でした

102720148a.jpg

深耶馬溪の入り口を右折・・・裏耶馬溪に入ると早速この七福岩がど~んと見えて来ます

102720146a.jpg

橋の名前かな ?

102720141a.jpg

400 年以上経過しているのに地元の方は今もって大事にしています・・・
後藤又兵衛は黒田家を離れ大阪方に味方して大阪の陣で壮絶な討死をしたと伝えられる一方
ここ豊前の国に逃れ・・・秀頼の死を風の噂で耳にし自刃したとの話もあり ここにお墓がある
歴史のロマンですね・・・


102720144a.jpg

102720143a.jpg

102720142a.jpg

奇怪な岩を見つつ帰途に着きましょう・・・

おまけ・・・帰りに深耶馬溪に寄りソバを・・・ 

10272014m3.jpg

ソバか゜見えないほどトロロが・・・






スポンサーサイト
2014.10.27 / Top↑